2017年8月25日金曜日

Forbes

2017.8.25日発売のForbes Japanに当社代表のインタビューが掲載されました。フロンヴィルホーム千葉の住宅へのこだわりが綴られております。ご興味ある方はぜひ参考にしてくださいませ。

2017年8月7日月曜日

雨樋

フロンヴィルホーム千葉は雨樋がお洒落な白の角樋。アルミで丈夫なものです。こういうところが輸入住宅の細かいお洒落なところなのです。もう一枚はオーナー様宅のバルコニーから望む景色。日本にいながらカリフォルニアを感じられる最高の景色です。
 
 
 
 

2017年8月6日日曜日

リゾートな外観

夏なので海沿いの建物。写真を見て海外ですか?と質問を頂くことがございますが、勿論日本でございます。モデルハウスではないのですが、同じ様に建てて欲しいなどのお声も多数頂いております。写真では分かりづらいのですが、白い外壁タイルに屋根はブルーでとても涼しげです。



2017年8月1日火曜日

代表、フォーブスジャパンに掲載予定

8月25日発売の「Forbes JAPAN(フォーブスジャパン」に当社代表(写真右)のインタビューが掲載されることになりました。
写真はインタビュー中のものでございます。

複雑で大規模でお洒落な洋館スタイル住宅。これを日本で1番多く建てているハウスメーカーを勝手ながら自負している私共の代表のインタビューですので、なかなか面白いものになるかと期待しております。




2017年7月31日月曜日

キッチンガーデン

最近仕上げたキッチンガーデンはリビングからつながる仕組み。ガーデニング同様、料理もご主人の趣味であり、家庭菜園の野菜で料理する日を楽しみにしている。
休日が待ち遠しいですね。

ガゼボ

ガゼボですね。屋根があるものが主流だと思いますが、このガゼボはもう飾りとしてのガゼボとなります。雰囲気を楽しんで頂きます。


2017年7月30日日曜日

ガゼボのある庭

外構。お庭を彩るガゼボを設置することで、まるでイギリスの庭園の様な雰囲気を醸し出します。休日の午後のひとときをのんびりと過ごす、贅沢の極。

2017年7月29日土曜日

ジョージアンスタイル

お隣の家の一部が映っております。別棟のガレージも外観を本体建物と揃えておりますね。
ご要望あれば、同じ外観の犬小屋だってご提案致します。





玄関ポーチには4本のコラムが立ち、家の表情にアクセントをきかせております。エンタシス(柱中央部分の膨らみ)がより高級感を表現しております。輸入住宅の中でも一番こだわっているメーカーと思われるよう、日々精進。





2017年7月27日木曜日

ジョージアンスタイル

古き良きアメリカの邸宅をそのまま日本に移設したような空間。イギリスからのアメリカ大陸に移住して来た人々が、成功の暁に故郷のお城をイメージし家を建てたという説
センターのコラムには威厳を感じます。

輸入住宅と言えばフロンヴィルホーム千葉を目指して
お客様の拘りにお応え致します。



2017年7月26日水曜日

お洒落な和室

和室。フロンヴィルホーム千葉は、オーナー様のご要望により和室のご提案もさせて頂いております。勿論私共から和室をお勧めすることはございません。和室を作るなら、その分例えばリビングと繋げてより広い空間をご提案致します。ただ、作るからにはお洒落は忘れません。


2017年7月24日月曜日

シューズクローク。フロンヴィルホーム千葉はモダンな雰囲気もご提案致します。間接照明により、ブランドショップの様になりました。


輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅
輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅 輸入住宅

2017年7月23日日曜日

リヤドロ

提携させて頂いているリヤドロさんが新しい商品の案内でモデルハウスにパンフレットをお持ち下さいました。フロンヴィルホーム千葉ではモデルハウスにリヤドロの置物やシャンデリアを展示しております。特にリヤドロのシャンデリアを展示しているところはあまり見かけません。ハウスメーカーではフロンヴィルホーム千葉くらいではないでしょうか。本当に素敵です。お気軽にお越し下さいませ。







2017年7月21日金曜日

洗面所

洗面所。家具調の洗面台です。トイレのクロスも海外のクロスです。
フロンヴィルホーム千葉はひたすらお洒落優先です。

2017年7月19日水曜日

ゴージャスバスルーム

個人宅の浴室です。フロンヴィルホーム千葉では浴室にコラムを設置することがございます。ホワイト&ゴールドを基調にしたデザインが多いのですが、今回はブラック&ゴールド。モールディングもコラム柱もブラック&ゴールド。当然既製品ではございませんので、特注で対応させて頂きました。浴室にブラックは如何なものかとも思いましたが、とても豪華で品のある仕上がりになりました。

2017年7月14日金曜日

光る洗面台

トイレ。豪華なドレープカーテン。鏡は繊細なガラス製品。
洗面台、光っているように見えるのではなく、光っております。大理石のカウンターなのですが、裏から照明をあてることで大理石から光が放たれます。洗面ボウルも透過性がございます。こちらも日本にはございませんので調べて取り寄せました。
フロンヴィルホーム千葉のCMがテレビ神奈川にて
7月15日(土)~7月23日(日)までの間に流れます。
https://youtu.be/aHH9SCIswaM

2017年7月12日水曜日

キングサイズのベッド2台

カーテンのロイヤルブルーには最初から拘られておりました。ロイヤルブルーにゴールドがポイントです。この色、国内では廃盤だったので探すのが何気に大変でございました。少し光沢がございますので、より高級感を表現します。ベッドは2台設置されてございますが、実は2台ともキングサイズです。

2017年7月11日火曜日

このサーキュラー階段、実は当社でも初の試みでございます。
フロンヴィルホーム千葉はサーキュラー階段の会社といっていい程沢山のサーキュラー階段を施工してきておりますが、このサーキュラー階段は手すりがステンレスでございます。通常手摺の部分は木製かアイアンですので滑らかな手触りのゴールを表現することは無理です。しかし、どうしても滑らかな手触りのゴールドがよいということで、ステンレスで施工しました。皆様思っている以上に大変な施工です。
 カーペットも国内のものですと種類が限られておりますので、海外から取り寄せました。ブラックにゴールドの柄が刺繍されております。日本国内の商品は機能性などに優れておりますが、やはりデザインに関しては海外の方がまだまだ豊富でございます。


2017年7月10日月曜日

シャンデリア

写真ですと大きさが伝わりにくのですが、幅2メートル、高さ2メートルのシャンデリア。

リビングルームとシャンデリア

2階から眺めたリビングルーム。天井からのシャンデリア、写真ですと小さく分かりにくいですが、幅2メートル、高さ2メートルほどございます。この状況、当たり前ではございません。住宅でございます。これだけの大きさのシャンデリアをぶら下げるにはやはり条件がございます。スペースと高さの問題です。一般的には住宅の天井高さは2400mm前後ですので、天井高さがないとまず無理でございます。また、重量が200キロ以上ございます。200キロ以上ですから、総重量の軽めのハーレー(スクーターで80㎏~95㎏)くらいになります。それを天井からぶら下げるからにはそれに耐えうる構造。それを取り付ける技術。このシャンデリアが似合うインテリア。そして最後になくてはならない、フロンヴィルホーム千葉。

2017年7月5日水曜日

玄関ホールに飾られているシャンデリア。当たり前のように思われている方多いですが。この照明器具、100kg以上あります。取り付けるためには技術が必要です。技術を持っている職人さんは一握りです。なぜなら、一般的な住宅でこのような巨大なシャンデリアを取り付けることはまずないからです。
お金を払っても引き受けてくれない仕事なのです。高価なシャンデリアを壊したらどうしようという気持ちが先行してしまいます。私共の職人さんは毎回このようなシャンデリアを取り付けておりますので、慣れたものです。
フロンヴィルホーム千葉はプロの職人さんの集まりです。

2017年7月2日日曜日

  ポイントは盛りだくさんです。玄関からの通路を抜けると吹抜けのホールになります。そこからサーキュラー階段をのぼって2階へと行くのですが、このサーキュラー階段。アイアンは特注のデザインになります。色もシャンパンゴールド色と特注色になります。更に両側の手すりとなります。
サーキュラー階段と言ってもどれも一緒ではございません。
曲線の違い、階段幅の違い、手摺の形状の違い、カーペットの違い。組み合わせによってまるで違うものになります。
この階段を施行して下さる職人さんは毎回同じ方です。東京だろうが大阪だろうが名古屋だろうが同じ職人さんが作り上げます。この階段を作り上げるのは本当に技術がいるのです。
 また、この写真のポイントは違うところにもあります。
シャンデリアの左後ろの床下の壁にモールが飾られています。
当たり前のように飾られていますが、この壁は曲線になっています。平であれば貼り付けるだけですが、曲線ですので、そのまま貼ってしまうとモールの両端が浮いてしまいます。これを大工さんは細工をして綺麗に貼って下さいました。
フロンビルホーム千葉のデザインは技術のある職人さんあってのものです。絵を描くのは簡単ですが、具現化させることがどれだけ大変か。本当に職人さんには感謝でございます。
  

2017年7月1日土曜日

http://www.pacificgolf.co.jp/sunhills/

http://www.pacificgolf.co.jp/sunhills/hotel.asp

サンヒルズカントリークラブ。
フロンヴィルホーム千葉がお手伝いさせて頂いたサンヒルズカントリークラブ様の宿泊施設。
ホームページのトップが空撮で素晴らしいので、掲載させて頂きました。
フロンヴィルホーム千葉は戸建住宅をメインとしておりますが、実は賃貸物件や、医院なども手掛けております。
今回サンヒルズカントリ―クラブ様より宿泊施設をご依頼頂き、初めてのことではございましたが、無事完成させることが出来ました。初めての事は本当に大変なことでございます。図面上で設計図や完成図を描く事は簡単でございますが、具現化することは本当に大変なことなのでございます。
御協力いただいた業者様には本当に感謝でございます。


今日はもう一枚アップ。
玄関ドアから吹抜けホールまでの間のホール(廊下)。大理石床にサークルポイント。これも勿論大理石。画像なので伝わりにくいですが、壁はドライウォールと言っておりますが、塗装で仕上げております。無地の国産クロスではございません。アイボリーがかったオフホワイト色で仕上げております。ビニールクロスより光を反射させませんので、とても柔らかい雰囲気になります。実はこのドライウォール、職人さんの腕によって仕上がりがとんでもなく違いクレームになりやすいので、当社以外で施工されるところは数少ないかと思います。クロスよりヒビが目立ちやすいですが、そんなことがどうでもよくなるくらい独特な仕上がりになります。次回、このホールの先の吹き抜けたホールを楽しみにしていて下さいませ。
夜のライトアップバージョン。プールも水中ライトで照らしております。フロンヴィルホーム千葉は、輸入住宅と調べても検索ヒットされませんので、「高級輸入住宅」と検索してみて下さい。 



格天井には間接照明。お気に入りの車を眺めらる様に一面ガラス張り。中央にはビリヤード(テーブルベッドのクロスはこだわりのブルー)。また、奥の壁、実は大理石。後ろからライトをあてることにより光る大理石。手前のカウンターも同じように光る大理石。まさにお洒落なプールバー。フローリングも都内のアパレルショップなどで使用されているものです。
これ、住宅でございます。オーナー様の趣味の地下室です。
フロンヴィルホーム千葉はオーナー様のこだわりにとことんお付き合いさせて頂きます。


2017年6月24日土曜日

 
 現在フロンヴィルホーム千葉のホームページのトップを飾っているオーナー様宅でございます。千葉のとある有名なテーマパークのホテルをモチーフにした外観。パリのホテルなどで見かけるオーニングのブルーに合わせたブルーの屋根も勿論特注色。家のどこからでもプールを眺められるようにコの字型の設計。言われなければだれも住宅だと思わないのではないでしょうか。手前味噌ですが、このような住宅、日本全国探しても唯一無二の存在ではないでしょうか。オーナー様だけが持つこだわりやセンス、好みやライフスタイルがあり、それを具現化させる設計士がいて、さらにインテリアでよりよいものにさせるためのコーディネーターがいて、この建物を完成させるためには腕の良い職人が必要となります。誰が欠けてもこの建物は完成しないかと思うと、やはり奇跡だなと思ってしまうのです。この建物を建てたという実績や経験はお金を払っても得られないものでございます。フロンヴィルホーム千葉はお客様により日々成長させて頂いております。営業マンも設計士もコーディネーターも職人の方々も、皆成長させて頂いております。
世間に知られずとも、この様な奇跡の家づくりに参加できてとても光栄でございます。
 

2017年6月15日木曜日

フロンヴィルホーム千葉の幕張モデルハウス、千葉県で一番棟数の多い住宅公園、幕張ハウジングパーク内にございます。
モデルハウスというのは会社によりますが、5年前後で建て替えられている場合もございます。しかし当社の幕張のモデルハウスは築15年程になります。内装(塗装部分)は一度塗りましたが、その他は基本的にメンテナンスをしておりません。15年たった建物、興味ございませんか?。建築のグレードはピンからキリまでございますが、ピンもキリも新築時は綺麗なものです。しかし大切なのは、10年後、20年後、30年後がどうかということだと思います。
 その大切さを知っているフロンヴィルホーム千葉は、ダグラスファーという頑丈な木材を使っております。ダグラスファーを使うとこんなに頑丈なのか!!と感じて頂けるかと思います。
ぜひ一度お越しくださいませ。
 吹き抜けたリビングからサーキュラー階段で2階へ。フロンヴィルホーム千葉のオーナー様宅です。住宅です。この階段、特特注です。特注デザインのアイアン手すりで、ハンドレールはステンレスのゴールドです。私共も、これまでに沢山のこだわりを具現化させて頂きましたが初めの試みです。フロンヴィルホーム千葉はハウスメーカーで、設計事務所ではございませんが、お客様のご要望についついお応えしてしまいます。
無理ですと言えば楽なのですが、ついついどうやったら出来るかを考えてしまいます。勿論失敗してやり直して損をしてしまうこともあります。それでも完成した際に喜んで頂けると思うと、ついつい。

ちなみにフロンヴィルホーム千葉は木造です。ツーバイフォー工法です。日本中の木造建築メーカーに問い合わせてみて下さい。これと同じものを建てたいと。まず無理でしょう。でもフロンヴィルホーム千葉はやるのです。「フロンヴィルやってんなぁ」と思って頂きたく、よかったらホームページもご覧ください。宜しくお願い致します。
http://www.fronville.co.jp/

エルパラシオ

フロンヴィルホーム千葉の以前浦安にございましたモデルハウス「エルパラシオ」。住宅公園自体の移設の際に撤退致しました。5年程度で解体したのですが、いまだに人気がございます。実は当時テレビ朝日系の「ぷっすま」という番組で、「一度は住んでみたい豪邸ベスト10」の1位に選ばれた程です。 誰が選んで下さったのか、テレビ局の方で選んで下さったのだと思いますが、嬉しかったですね。誰もが知っている様な大手さんを抑えての一位でしたから。  パンフレットもいまだに好評でございます。気になる方はお気軽にホームページよりご請求下さいませ。 https://www.fronville.co.jp/


フロンヴィルホーム千葉の外壁タイル

フロンヴィルホーム千葉の人気外壁タイル。目地をグレーにすると全体的にぼやけて、柔らかい雰囲気になりますね。とても好評です。目地の色が違うだけでもまったく違うものになります。
フロンヴィルホーム千葉はこだわりにお応えいたします。


特注門扉。その奥には当社フロンヴィルホーム千葉の代表がメーカーに指示して作成してもらったフロンヴィルブリックの外装。白とピンクの乱貼り。雨に濡れるとピンクに見えます。特注色ですので、あまりみかけることはないかと思います。
フロンヴィルホーム千葉は、こだわり続けます。


サンヒルズカントリークラブ様、リニューアルにつき、宿泊施設を当社にて建築させて頂きました。海外で過ごしている気分間違いなしでございます。左側の門柱には当社エンブレムも掲げさせて頂きました。ゴルフにご興味のある方は下記ホームページよりご確認下さいませ。
http://www.pacificgolf.co.jp/sunhills/